Home >> "51---死後生存( 体験者の証言 )--- Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL" の動画ページ >> 前に戻る | サイトマップ |
"51---死後生存( 体験者の証言 )--- Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL" の動画はこちら

"51---死後生存( 体験者の証言 )--- Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL" について
説明 身近な人が この世から死去されて天国へ旅立つ時に体験する二つの事例を紹介します。   死は 肉体だけで 心は死なずに 生前中に学んだ知識や技術 生活体験 職場体験等 ほとんど そのまま あの世へ持っていくとの体験事例が 報告されています。    死んでまもなくトンネルに入る前後に生涯展望( Life OverView=誕生から現在までの )を見せられて 四十九日までは あの世==死後生存の世界へ旅立つ準備期間であり その後に天国へ旅立つとされます。      いずれにしても この世 と あの世 とを何度も行き来するという転生( Reincarnation )は 物欲とは何かということを体験や学び そして 自他との内面的な苦しい体験を含む学習をし自身の心の質を向上させるために すなわち この地球という物欲スクールで学ぶ場とされます。  あの世は この世での生涯の内容を反省・吟味・検討する場のようであり 審議する精神性の高い方々の存在も指摘・報告されています。    いずれにしても 死後の世界は 確実に存在し 転生が 繰り返されること 死後の世界の体験の記録は 日本が世界で一番古くから( 奈良時代から臨死体験した人たちの聞き取り調査の記録が発見 )存在することが カール・ベッカー博士により科学的に解明されています。    生きるということは いずれ確実に やってくる死後の世界へと展開していくこと さらに その後の人生の質によっては 何度も転生するコースが 存在するとされます。   この分野の科学研究は 1960年代からI.スティーヴンソン医学博士(バージニア大学)国際的な生まれ変わり(転生)の研究が 開始されましたが 世界で始めて本格的な「死の科学」の視点から研究した方は キューブラロス( シカゴ大学医学部教授等 )博士であり「死の科学( Death Science または Thanatology )」という新しい学問分野を開拓されました。     現場の医師や看護婦等の方々が 死に行く患者さんに関わっていると 死する人々の諸現象を具体的に体験する機会が多くなります( 矢作直樹教授 E.アレグザンダー医学博士などの科学研究等 )。 なお  Ngo未来大学院では 総合科学や未来科学の研究成果等を踏まえた 1000年以上 先の文明を想定した学術研究を展開しています。    今後とも よろしく お願いします。,医学部受験生を応援します! 当サイトは医師を目指す医学部受験生のための「医学部受験生のための情報サイト」の姉妹サイトです。

"51---死後生存( 体験者の証言 )--- Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL" に関連する動画はこちら

前に戻る

information
サイトの更新履歴はコチラから 

PR