Home >> "「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ" の動画ページ >> 前に戻る | サイトマップ |
"「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ" の動画はこちら

"「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ" について
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓ http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv  女優ののん(能年玲奈を改名)さんが劇場版アニメに声優として初主演した「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が、いわゆる“単館系”の作品ながら異例の大ヒットを記録している。映画コメンテーターの有村昆さんやドキュメンタリー映画「俺たち文化系プロレスDDT」などの松江哲明監督ら映画のプロたちが、作品の魅力について語り合い、「徹底的なリサーチ力」と「SNSの力」がヒットの理由のキーワードとして浮かび上がった。  「この世界の片隅に」は、こうの史代さんのマンガが原作。戦時中、世界最大の軍港といわれた広島・呉に嫁いできたすず(のんさん)は、ささやかな生活を送っていたが、呉は大規模な空襲に襲われ、すずの大切なものが失われていく。そして広島に原爆が投下された昭和20年の夏を迎える……というストーリー。当初63館からスタートし、口コミを中心に広がって上映館は80館を超え、動員数は6週連続トップ10入りで累計30万人を突破。興行収入も4億5000万円を超える大ヒットとなっている。今回、有村さんが、DMM.comの会員制オンラインサロンサービス「DMMラウンジ」に開設しているラウンジ「有村昆のバカデミーシネマラボ」の企画で、松江監督や映画パーソナリティーの伊藤さとりさん、年間200本の映画を見るお笑いコンビ「飛石連休」の藤井ペイジさんと作品について語り合った。,医学部受験生を応援します! 当サイトは医師を目指す医学部受験生のための「医学部受験生のための情報サイト」の姉妹サイトです。

"「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ" に関連する動画はこちら

前に戻る

information
サイトの更新履歴はコチラから 

PR