Home >> "【ひえい・きらら】'18年8月 叡山電鉄の電車・走行シーン" の動画ページ >> 前に戻る | サイトマップ |
"【ひえい・きらら】'18年8月 叡山電鉄の電車・走行シーン" の動画はこちら

"【ひえい・きらら】'18年8月 叡山電鉄の電車・走行シーン" について
叡山電鉄は京都市北部を営業エリアとし、京阪鴨東線の乗り換え駅である出町柳駅から比叡山の手前である八瀬比叡山口駅、鞍馬寺に近い鞍馬駅までの列車を運行しています。 電車は単行の700系が主に出町柳~八瀬比叡山口間(叡山本線)、2両編成の800系が出町柳~鞍馬間(鞍馬線)の系統に使われています。 これに加え観光列車として900系“きらら”があります。立ち席でも景色を眺められる大きな窓、鞍馬線の「紅葉のトンネル」にちなみ紅葉をイメージした外観が特徴で、観光での利用客が900系の列車に集中する傾向があります。 “きらら”といえば近年では京都府のアニメーション会社が制作を手掛けたテレビアニメ作品に修学院駅が登場したことが話題となり、またそれの原作の掲載雑誌が芳文社の「まんがタイム“きらら”」シリーズということもあって、同誌とのコラボレーションが継続的に行われているのも叡山電鉄の特徴となっています。 700系のうち1両は観光車両としてリニューアルが施され、装いも新たに“ひえい”として本年3月より運行されています。 《撮影日》2018.8.5,医学部受験生を応援します! 当サイトは医師を目指す医学部受験生のための「医学部受験生のための情報サイト」の姉妹サイトです。

"【ひえい・きらら】'18年8月 叡山電鉄の電車・走行シーン" に関連する動画はこちら

前に戻る

information
サイトの更新履歴はコチラから 

PR